MENU

出会い系の落とし穴!ネカマ・悪質業者事情

真剣な出会いを求めているのに、サクラやネカマ、業者に騙されて不要な課金をしてしまったり、不当請求サイトへのアクセスさせる詐欺等に騙されてしまうこともあります。

 

また、このような被害は増え続け、被害に遭う金額も高額であったり、少額被害で人に言うのが恥ずかしいからと泣き寝入りしてしまうケースもあります。

 

被害に遭わないためにも、先にどのような手口があるのかを確認しておきましょう。

 

【サクラについて】

 

サクラとは時給制で出会い系サイトに雇われ、働いている人のことをいいます。恋人を探していることもなくただ単純にアルバイトとしてやり取りをしてりるだけなので実際に会えることはないです。

 

また、定型文での返信が多く、誘惑的な文章が多いですから比較的見分けがつきやすく、怪しいと思ったらやり取りするのをやめましょう。

 

 

【ネカマについて】

 

ネカマはネットの中では女性のふりをしている男性のことをいいます。画像にはプロが撮影したような写真や顔のアップ写真を使うことが多く、違和感のある女性らし言葉を使います。
画像検索で同様の写真がインターネット上に使われていないかなどを確認して自己防衛しましょう。

 

 

【業者について】

 

明らかに怪しいと思えるものが多く、個人間のやり取りの中でURLを送ってきたり、この商品を買ってくれたら体の関係を持っても良いなど、気を許してしまえば騙されてしまうようなものがありますが一息置くことで気が付けるので安易にURLにアクセスしたり商品の購入をしないようにしましょう。

 

 

【出会ってしまった時の対応】

 

サクラやネカマ、業者にであってしまいやり取りをしてしまった場合は、すぐにやり取りをやめて無視してしまうのが一番です。

 

もし、大量のメールや脅迫するような内容の文章を送ってきたら運営側に相談するなどの対策をしてください。

 

それから、金銭の請求には絶対に応じないようにしてください。払えば楽になるなども考えず運営側に相談しましょう。運営側が対応してくれない場合は警察に相談するのも方法です。

 

 

【まとめ】

 

少しでも怪しいと思ったら、連絡のやりとりは控えるようにしてください。また、運営側に通報できる環境であれば通報するのも方法です。

 

どこにでも人を騙そうとする奴はいます。
ましてや、出会いを求める場所はプライバシーの塊で人には相談しにくい環境下の中での犯罪は後が立ちません。必ず自己防衛をしてトラブルに巻き込まれないようにして利用してください。

出会系アプリの知っておきたい基礎知識

出会い系利用者の体験談

忘れられない恋愛体験を聞いてみた

このページの先頭へ